遊び方

(1)軍資金を集めよう!

何をするにも必要なのがいつの時代も銭です。
津軽為信統一記は季節が変わるたびに行動を指示することができます。
秋になると年貢として軍資金を得ることができます。
得られる年貢の量は領地の数次第、多くの領地を持っていると多くの軍資金を得られます。
また、内政を行うことで領地の産業振興を行い、年貢量を増やすことができます。
ただし、内政は1季節に1度しかできませんし、秋になると内政の効果は無くなります。

(2)軍備を整えよう!

手に入れた軍資金を使って自軍の強化をしましょう。
軍備画面では合戦で戦う[札]を購入します。
欲しい札にタッチすると[札]が拡大されて詳細が表示されます。
下にフリックすると購入する[札]となり、清算ボタンを押すと手に入ります。
また[札]は売却することもできます。不要な[札]は売却して軍資金の足しにしましょう。

(3)編成しよう!

[札]を手に入れたら編成画面で部隊を編制しましょう。
[札]が横一列に並んでいます。これは現在持っている[札]が全て表示されています。
横にスライドさせて編成に加えたい、または除外したい[札]を選びます。
上にフリックすると編成から除外され、下にフリックすると編入されます。
画面下側の扇アイコンは編成されている[札]を意味します。

※合戦できる条件を満たそう!
合戦場に出陣できる編成の条件は[札]の総数が20~50枚で、
かつ[攻撃札]が10枚以上です。
[札]にはそれぞれ役割があります。詳しくは(4)札を理解しよう!を参照ください。

(4)札を理解しよう!

【攻撃札】
兵士の絵が描かれている札です。
合戦では攻撃を担当する札で、出陣するためには1つの編成に10枚以上必要です。
左下の数値は[突撃値]です。合戦で近距離戦の場合に攻撃力となる数値です。
右下の数値は[斉射値]です。こちらは遠距離戦の場合に攻撃力となる数値です。
右上の数値は[連撃値]です。同じ[属性](兵科)であればこの枚数まで同時に使用可能です。
左上のマークは[属性](兵科)を意味します。
属性は「足軽」「長槍」「騎馬」「長弓」「鉄砲」の5種類あります。

【武将札】
武将が描かれている強力な札です。
攻撃札と同様、左下に[突撃値]、右下に[突撃値]、左上に[属性]、右上に[連撃値]が書かれています。
攻撃札と異なる部分として、武将によって[属性]を2種類持っている場合があります。
また[連撃値]は必ず「0回」となっています。

【策略札】
右上に[策略]と書かれていて、数値が全く書かれていない札です。
自分の手番に使用すると特殊効果が発生します。
[策略札]はいくつか種類があり、効果がそれぞれ異なります。
この例の[距離切替]は近距離と遠距離を切り替えます。

【戦功札】
右上に[戦功]と書かれていて、建物や拠点が描かれている札です。
合戦時には、この[戦功札]を奪い合い、右下に書かれている[戦功点]の合計を競います。
合戦中に手に入れた[戦功点]の合計が大きい勢力の勝利となります。

(5)いざ合戦へ!

攻め込むエリアを選択します。
おおよその難易度を参考に攻め込む場所を選びましょう。
時や場所によっては特殊合戦(イベント合戦)が発生します。